ソース・未整理

このページは、お見せするためのページではありません。

どうか他のページの記事をお楽しみください。

 

このページは、まだ思考中のものや、他サイトからのコピー、将来の記事のためのメモや参考文、参照URLなど、記事にする前のソースです。私の外部記憶の雑引き出し。内容未整理。

 

このページは、お見せするためのページではありません。

どうか他のページの記事をお楽しみください。

 

 

パスカルの原理(パスカルのげんり、英語:Pascal's principle)は、ブレーズ・パスカルによる「密閉容器中の流体は、その容器の形に関係なく、ある一点に受けた単位面積当りの圧力をそのままの強さで、流体の他のすべての部分に伝える。」という流体静力学における基本原理である。

フレミング左手の法則(フレミングひだりてのほうそく、英: Fleming's left hand rule)または、フレミングの左手の法則は、ジョン・フレミングによって考案された、磁場内において電流が流れる導体に力が発生する現象(ローレンツ力)の、それぞれの向きの関係を示すものである。

フレミングの右手の法則(フレミングのみぎてのほうそく、英:Fleming's right hand rule)は、ジョン・フレミングによって考案された、磁場内を運動する導体内に発生する起電力(電磁誘導)の向きを示すものである。フレミング右手の法則とも呼ばれる。


実際の生活の場において、人は次に何がおきるか予測して行動するものだと思う。その予測の幅と数は人それぞれ。よかった場合、悪かった場合の2つしか考えない人もいるだろうし、中にはどちらかひとつの人もいるだろう。自分にとって好ましい場面については良1から良100まで考えるが、悪い場面は最悪ひとつを抽象的に考える、すべての場面はその幅におさまる。

作者がどう思いながらこの場面を書いたか。

天涯孤独の場合、手術の同意書や入院時の保証人はどうすればいいのだろう?

とにかく目が悪い。
目医者の処方で作ったメガネは、この距離、モニター画面まで約1.2m、だとまったく使えず、ずっと裸眼で打っているが、文字がかすんだり2重に見えたりしている。しばらくこの状態で我慢して打っていると、画面全体までぼやけてきてもはや字は読めない。

こういう状態が、目医者の必要を感じて以降3年以上続いている。目の悪さは徐々に進行している。定期検診では年齢相応の白内障の進行も指摘されている。


どうやら一気に見えなくなることはなさそうだが、画面を見始めてから眼精疲労を感じるまでの時間はだんだん短くなってきている。

2015.12.31

人間は地球上の生命体の内で唯一、生命体であると同時に思念体である。

そのことを自覚せしめようとする作品が、加速度的に数を増している。

かつての文豪と呼ばれた人々の作品には、それが多かった。トルストイ、漱石。彼らは人間の生物活動ではなく、思念や思いの持つ力を描こうとした。だから不朽の名作が多い。知識欲のある人間の思念を刺激するからだ。

動画は、「2001年宇宙の旅」を代表とするが、このテーマは実写よりアニメの方が扱いやすいらしく、特に最近のアニメでの取り上げ方は、カンブリア爆発的に、質・量を激増させた(質には疑問あるかもしれないが)。


この思念の渦巻くような、または思念を際立たせる作品が私の好む作品である。


よって、その対極にある思念を感じさせない無機質な作品は好まない。

また思念や思想を装飾としてしか扱えない、無思想な作品も、いかにそれが映像的に優れていても、ドラマとして起伏に富んでいても、好みではない。

ケアマネージャー

1.私に合うケアマネージャー

被介護者・被支援者の話をちゃんと聞いて理解し、質問や相談に対しては親身になって考え、真面目に答えてくれる人。

 

2.私に合わないケアマネージャー

被介護者・被支援者の話を聞かず、または「そんなことはどうでもいい」などと言って遮り、または生半可な理解で適当な返事をし、質問や相談を冗談半分でその場しのぎにこたえる人。

 

例①手が不自由で、卵かけご飯を作れない者に、「おいしい卵を持って行ってあげる」とその場しのぎのウソを言う人。両足切断者が「靴を履いて歩きたい」と言ったら、「今度良い靴を買ってあげる」と冗談で答えるようなもの。卵や靴を持ってこられても、混ぜること履くことができない者には、いやがらせであることに気づかない人。

 

例②介護保険の切り替えが、前期期限内に終わらない場合もある(2016年はぎりぎり間に合ったかどうかで万一のために介護保険資格者証の期間延長証が交付された)ことも知らずに、「期限が来る前に保険証は交付される」と自分の思い込みを事実であるかのように被保険者に告げたり、被保険者がそのことに対する疑義を述べようとすると「そんなことはどうでもいい」と、被保険者の言葉を聞こうともしない人。(詳しくは「もろもろ」のページのケアマネージャー参照)つまり自分の理解・施行の範囲を超える被保険者の言葉は、思考停止のあげく拒否、まさに聞く耳を持とうとしない人。

 

こういう人に質問・相談しても、親身になって考え、真面目に答えてくれることは期待できないと思う。

 

 20170521

例③(追加)

私が「私のサイトの愚考録、「現代について」の「もろもろ」のページと「ソース」の最後の部分を読んでおいてください」と言うと「わかりました。読んでおきます。」との返事。しかし私の言葉を聞き取れてもいず、返事は単なるその場逃れ。こんな人に悩みを打ち明けてどうなる?

 

 

終活参考

ついのすみか  終の棲家なき遺骨を救う会 NPO法人

 

https://www.tsuinosumika.net/?gclid=CjwKCAiA8P_TBRA9EiwAJrpHM_fNYTfja4iw87a7x98FwkQ9SdrnyX5vKZu3WDYe4yYmkL6LwSR9hRoCwIgQAvD_BwE

0120-972-730

 

南春寺 外苑東通り沿い

 

海外での安楽死は200万円で十分可能
2018年1月29日 9時15分 プレジデントオンライン
 
http://news.livedoor.com/article/detail/14223995/

 

脚本家の橋田壽賀子氏(92)が「私は安楽死で死にたい」と宣言をしたことが話題を集めた。日本では認められていないが、海外には安楽死を認めている国がある。いったい費用はいくらかかるのか。『安楽死を遂げるまで』(小学館)の著者・宮下洋一氏は「200万円で十分可能」と実状を紹介する――。


■オランダなら保険が適用され無料
「日本人が安楽死をするにはどこに行けばいいのでしょうか」
「お金持ちでなければ、安楽死はできないのでしょうか?」
世界6カ国を巡ったルポルタージュ『安楽死を遂げるまで』(小学館)を刊行してから、私のSNSアカウントに、こんな言葉が投げかけられるようになった。
日本では安楽死は法的に認められていない。だが海外では安楽死を法的に認めている国がある。安楽死は、現在、オランダ、ベルギー、ルクセンブルク、スイス、カナダ、アメリカの一部の州で実施されている。たとえば、国内の死因の約4%が安楽死に当たるオランダでは、在住者は保険が適用され無料となる。


■外国人が安楽死できる国はスイスだけ
しかし、海外からの希望者への安楽死は行っていない。安楽死を法的に認めている国のうち、外国人が安楽死できる国は、世界でスイスしかない。
スイスには安楽死を行う団体が複数あるが、日本人が安楽死を望む場合、外国人の受け入れ態勢が整う団体は、私の知る限り2つだけだ。スイス最大規模の「ディグニタス」か、ここ数年で知名度や実績を上げてきた「ライフサークル」である。
なお、安楽死といっても、スイスでは医師が直接、手を下すことは禁じられている。患者が苦しまない方法で自殺を遂げることを、医師が助けるといった「自殺幇助」が認められている。点滴やコップに注がれた致死薬を患者自らが体内に注入して逝くという方法である。


■約150~200万円が相場
私はライフサークルの協力を得て、安楽死の現場に立ち会ってきた。結論を言えば、外国人が費やす合計金額は、だいたい旅費込みで150万円程度だった。
渡航費と宿泊費(1~2泊分)だけで数十万円だとする。この金額については、時期やホテル代などで差異がある。では、実際に団体側が必要とする費用の内訳とはどんなものか。ライフサークルのエリカ・プライシック代表が、次のように説明する。
「会員費が年間45ユーロ。(医師や弁護士を通して行われる)診断書などの調査料が2700ユーロかかります。スイス人医師2人の直接診断も必要になり、900ユーロ。自殺幇助自体は、2700ユーロです。そこから警察などの捜査費用が450ユーロで、火葬や遺体搬送費に合計2250ユーロかかるのです」
渡航費と宿泊代を合わせ、現在の為替レート(1ユーロ・134円)で合算すると、約150~200万円が相場になるといえる。一見、高額にも思えるが、外国人には保険が適用されていないため、実費を差し引くと、ほとんど団体に入ってくる収入はないという。
ディグニタスの費用については、同団体を利用したイギリス人のデータをまとめた英紙インデペンデントによると、平均1万ポンド(約152万円)。人により誤差はあるが、6500~1万5000ポンド(96~225万円)が相場だという。誤差があるのは、「遺体処理や葬儀費」が人によって異なるからだ。


■「お金で死を買った」ことに後悔はなかった
末期の膵臓がんだった68歳のスウェーデン人女性は、安楽死の前日、スイスのホテルで私に言った。
「苦しんで死ぬ姿を家族に見せたくなかったのよ」
元産婦人科医で、彼女は経済的な余裕があった。母国で家族に別れを告げ、最期は夫と2人きりになることを選んだ。家族のサポートは期待せず、「お金で死を買った」ことに後悔はなかった。彼女の夫は、後に「だいたい1万2000ユーロ(約160万円)の費用がかかった。そこまで高いお金ではなかった」と話していた。金額的にも、プライシック代表の説明と誤差はなかった。
安楽死を巡る状況について述べてきたが、どうしても強調しておきたいことがある。それは、私が安楽死を勧めているわけでは決してないということだ。
2年にわたって安楽死現場を取材して得た私の考えは、「日本人には安楽死は、向いていない」というものだ。欧米では、人は最期の瞬間まで自らコントロールしたいと願う。こうした「死の自己決定権」について数十年も議論してきた先に、安楽死の法制化がある。しかし、日本では、人の「生死」まで、集団性をまとう。たとえば、家族の「迷惑」になりたくないという理由で、死を願う高齢者がいる。こうした現状については、別稿で詳しく述べたい。
■費用とは別のハードルは「語学力」
なお日本人がスイスで安楽死を行うためには、費用とは別のハードルがある。「語学力」だ。
団体側は、申請者が死期を早めたい理由を慎重に診断する。具体的には、患者が耐えがたい痛みを抱えているか、その痛みは永続的なものか、などである。失恋や望まない形での退職といった一時の精神状態では安楽死は認められない。
また、死期を早めたい理由について、本人が英語もしくはドイツ語で説明できなくてはいけない。経済的余裕があっても、語学力がなければ、「安楽死」を選ぶことはできない。これも一つの現実である。
----------
宮下洋一(みやした・よういち)
ジャーナリスト
1976年、長野県生まれ。18歳で単身アメリカに渡り、ウエスト・バージニア州立大学外国語学部を卒業。その後、スペイン・バルセロナ大学大学院で国際論修士、同大学院コロンビア・ジャーナリズム・スクールで、ジャーナリズム修士。フランス語、スペイン語、英語、ポルトガル語、カタラン語を話す。フランスやスペインを拠点としながら世界各地を取材。主な著書に、小学館ノンフィクション大賞優秀賞を受賞した『卵子探しています 世界の不妊・生殖医療現場を訪ねて』など。
----------
(ジャーナリスト 宮下 洋一)

仏像

如来


五智如来
大日如来・中、東方・阿閦如来、南方・宝生如来、西方・阿弥陀如来(無量寿如来)、北方・不空成就如来

 

明王

 

五大明王
不動明王、降三世明王、軍荼利明王、大威徳明王、金剛夜叉明王

菩薩

 

 

天部

四天王
持国天・東、増長天・南。広目天・西。多聞天・北。多聞天だけは独尊として祀られることもあり、その場合は毘沙門天と呼ばれる。

八部衆
釈迦の従者、天、竜、夜叉(やしゃ)、乾闥婆(けんだつば)、阿修羅、迦楼羅(かるら)、緊那羅(きんなら)、摩睺羅伽(まごらが)

 

韓国の徴用工問題。

興奮して眠れない。

韓国にとって自国の独立国としての歴史を断絶させた日本が憎くてたまらないのだろう。それはわかる。

日本の繁栄・日本の財産は韓国の犠牲の上にあるものだから、それを取り返したい。それもいいだろう。

しかし国家同士で定めたことを覆し、他国の海外資産を凍結しようとするなど、と他も許されるべきことではない。

日本を貶め辱め、さらに財産をもわがものにしようとする隣国の事を思うと、眠れない日々が続く。