私のリハビリⅡ

メニュー



なぜ「私のリハビリⅡ」ができたか

1、「私のリハビリ」のページの「右膝」のコーナーが終わりそうにない。

右膝の感覚が戻り、動かし方(特に股関節や足首との連携)がわかり、動かせるようになってめでたしめでたしで終わろうと思ったが、もう1年たつのに、まだ夜中ロックが軽くなったが続いている。つまり回復どころか変形性膝関節症的症状が治まらない。今からもいろいろ悩み試していくと思う。旧ページと統合するかは未定だが、2018年以降の右膝状況はこのページで。

2、脳梗塞ページの「転倒記録」は今後も同ページで継続する。

3、現状のまとめは、とりあえず今後の分はこのページに記載。

4、将来、「私の脳梗塞」「私のリハビリ」ページの再構築を行いたい。   2017.12.25

ここまでの回復・再適合状況

竹川病院退院以降、デイサービス・体操教室・ノルディックウォーキングなどいろいろリハビリに取り組んできたのは「私のリハビリ」のページに書いた通り。

 

では、どう回復あるいは衰退したのか。

 

2011.11月~12月 竹川病院通所リハビリ、回復期のラストだが、入院中より歩行の安定感が増しただけで大きな変化はない。竹川病院まで2時間半以内で歩けた。時速3.5㎞。

 

2012.1月~9月 竹川病院まで最速2時間10分。時速ほぼ4㎞。発病後現在に至るまでの最速記録。右足のタイミングが狂い始め、歩き方の改善を試みたが悪くなる一方(自己感覚)。1月はふわりと転んだが、9月は顔面にケガ。加速歩行の最初の発症。

 

2012.10月~2014.10月 加速歩行がだんだん激しくなる。初めのころはたまに加速していたが、2014年にはほぼ歩くたびに加速歩行となり、原則・停止のために電柱が必要となる。また足の各関節が交互にたびたび痛み、長距離の歩行が困難な日が増えた。パーキンソン病症候群として国立埼玉病院受診を決意。なお、歩行の速度は3.5㎞/h、加速歩行時は速くても、物につかまって停止が必要で、疲労もあり、ならせば3.5㎞/hを上回ることはなかった。

 

2014.11月~2015.1月 埼玉病院受診結果は「私の脳梗塞」に書いた通り。受診の意味はほとんどなく、自己診断の正しさを再確認したにとどまり、症状緩和方法などは提示されなかった。

 

2015.2月~2016.1月 加速歩行は継続していたが、だんだんコントロールできるようになっていった。各関節の痛みは、あまり感じなくなった。

 

2016.2月~2016.6月 ほぼ加速歩行しなくなった。このころから都内の公園巡りを始める。加速歩行では都内は歩けない。

 

2016.7月~2016.12月 ノルディック開始。左右のバランス調整ができる。加速歩行はまったくなくなった。歩行の速度は3.5㎞/h、退院以来5年間ほぼ一定。加速歩行の有無とは無関係。ただし、2014年の一時期のように、足の痛みで歩けない時期もあった。

 

2017.1月~2017.12月 右膝のコーナーに書いた通り。一進一退あるいは一進三退。6月18日耳鳴りが始まる。7月初め、歩行速度が急に落ちる。時速2.5㎞。9月、さらに遅くなる。調子の悪いときは時速1.5㎞から1㎞。竹川病院まで、好調時でも3時間30分、好調でなければ4時間越える。

 

2017/12/25 最遅歩行速度、約750m/h。自宅-駅間910mを1時間15分。翌日からはやや回復。

 

 2018/01/04 階段の上り下りが ますますできなくなった。成増菅原神社、赤塚氷川神社、参拝者に手助けしてもらって参拝。赤塚八幡神社、参道の階段、全く使えず、大堂に迂回。

以下 新規

2018/02/09 右膝は思っていたような回復はしない。半年くらいで感覚が戻り、2から3年である程度自在に動かせるようになるのはないかと、痛みがわかり始めた昨年の今頃は思っていた。夜中のロック、激しい痛みが数か月、現在痛みはないが、動かない違和感で夜中数回目覚める。とにかく膝が伸びない。まずこれを伸ばす。何年かかっても伸ばす。

 

2018/03/02 この1か月、良進行。風呂胡坐、順調。右膝外転練習中。腰曲げ練習中。膝、また少し伸ばせるようになった。

 

2018/03/03 本日午前中までは、ここ最近の状況と変わらず、希望的観測でやや上向きかとも思えていた。午前、赤塚梅まつり見物、14時過ぎに帰宅、遅い昼食(赤塚で間食は摂った)、15時半、午後の歩行開始。これが調子よい。ひょっとしたら時速3キロ近くまで復活したのではないか。明日が楽しみ。

 

2018/03/08 上に記した回復は、いつもの好不調の波から、大きく外れるものではなかった。いったん3㎞/hになったが、また2㎞に戻ってしまった。もう一段の大波を期待。

 

2018/03/10 少しは回復するのだろうか?右股関節が痛く、歩行中に数度立ち止まる。夜中に痛くなり、数日控えていたケトプロフェン貼付。足を伸ばして寝れない。

 

2018/03/29 この20日間かなりの回復。外見は変わらないが、右膝伸び順調。昨晩は1年2か月ぶりに就寝中の膝ロックなし。違和感はあり数度目覚めたが、もう癖になったのかもしれない。

 

2018/04/30 昨晩もロックとまではならず、軽い違和感程度。こういう日が増えてきた。膝はまだ完全には伸ばせていない。ただ順調には回復しているようだ。何年、何十年かかるかわからないが。

スピードは出ない。まだ時速2キロ程度。

 

 2018/05/21

5/15頃から開脚スクワットの軽いものを始めた。壁で支えて床には届かない程度の軽いもの。だが結構効いている。講義テキスト、なかなかやる気が出ない。

 

2018/06/07

開脚スクワット、効果実感。膝の伸び、あとわずか。講義、時間1.5、短!時速普通2以下、2.5の時もある。

 

2018/07/15

膝、夜中の血流停止感が治まるのではないかと期待できるまでになった。開脚スクワットよし。講座終了。

 

2018/07/31

膝の状態は間違いなく改善していると思う。運動機能は、それが問題かもしれない。

意識して使える筋肉は、衰えないようにできる。意志通りに動かない部分の筋肉の、衰退を防がねば。

 

2018/08/19

伸びては来ている。右膝が曲がったまま動かないロックは、しばらくない。だがロック寸前、一瞬動かないように感じて目が覚める。動きはやはりぎこちない。寝床で右足屈伸。何とか違和感をやわらげ再び睡眠。最近のパターンである。血流停止感は改善しない。歩行スピード微向上。